PayPayの審査を徹底攻略!審査基準や結果が出るまでの期間を解説します

この記事ではPayPayをお店に導入する上での審査基準や審査結果が出るまでの期間について解説します。



PayPayの審査は非常に通りやすい!今までカード決済を断られた経験があっても申し込む価値あり

PayPayの審査はほかのカード決済システムや、QR決済システムと比較しても大幅に簡単で通りやすい傾向にあります。

たとえば、PayPayの類似サービス「LINE Pay」で1か月以上審査に時間がかかっていた事業主さんが、PayPayでは1日で審査が通ったと感動しているほどです。

 

PayPayの審査基準は?

PayPayの審査は他のカード決済システムやQR決済ほど厳しくありません。もし、あなたがすで他のカード決済やQR決済システムの審査に通過しているならば、サクッと通ってしまうでしょう。

カード決済やQR決済など、キャッシュレスを初めて導入するのであっても、あくまでも通常の事業の経営をしていれば基本的に通ります。

代表者が破産手続きをして1年などの状態ではさすがにきびしい(悪用の可能性が増えるのでPayPay側のリスクが増える)ですが、スタートアップで融資を受けて創業2,3年目は赤字という状態でも問題なく通ります。

 

PayPayの審査基準として店舗がないと通らないのは本当?

ウソです。私は店舗を持たず、自宅兼オフィスでホームページ作成業を営んでいますが、PayPayの審査に通りました。

PayPayは落語の当日券チケット販売にも導入されています。必ずしもお店がなければ審査が通らないと言うわけではありません。

むしろ、これから様々な形でPayPayの支払いを広げていきたいと考えているはずです。士業やコンサルタントの方も積極的にPayPayを導入して、便利なキャッシュレス社会を実現しましょう!



PayPayの審査が通った実績がある業種一例

  • 小売店
  • 飲食店
  • リサイクルショップ
  • タクシー
  • 美容室
  • レンタルショップ

など・・・

 

PayPayはキャバクラやガールズバーでも審査が通る?

 

一部でPayPayはキャバクラやガールズバーでは審査が通らないといわれていますが、実際に通っている実績があります。

 

アダルト商品の販売は禁止しているので、当然風俗までいくと審査は通りませんが、PayPayの営業も積極的にキャバクラなどには回っているようですし、PayPayの利用規約にも反していません

PayPay株式会社

PayPay株式会社のPayPay加盟店ガイドライン…



エステティックやネイルサロンの美容系役務でもPayPayの導入可能

クレジットカード決済導入の審査が通りにくいといわれる美容業界でも、PayPayは積極的に導入されています。

分割決済や自動継続課金はできないものの、一括で支払う場合、賢いお客様は現金<カード<PayPayという順でうれしいです。ポイントのたまり具合が違いますからね。

自動継続課金はPayPayではできないので、スマホ決済で唯一対応しているの「Square」をうまく組み合わせたいところです。

PayPayが利用できるという武器にして初回客をつかみ、PayPayの継続課金で固定客化するのがおすすめです。

 

同人誌販売などのサークルはPayPayの審査が通ることも通らないこともある

最近コミケなどの同人誌・同人グッズ販売において、「小銭を大量に持ち歩くのが大変だからキャッシュレス化ししたい・してほしい」というニーズが、利用者・サークルともにあります。

クレジットカード決済でも財布からカードを取り出す必要があるため、交通系電子マネー(Suica)、またはPayPayをはじめとするQR決済が一番望ましい形です。

同人サークルはPayPayの審査が通るのかというと「通ることも通らないこともある」という結論になります。すでに人柱になってくださった諸先輩方もおっしゃっています。

同人サークルでPayPayの審査が通るか通らないかはやってみないことにはわからないので、とりあえず申し込みをしてみましょう。

それで、もし、審査に落ちてしまったらならばPixiv Payを導入するという手があります。PayPayに比べてPixiv Payの知名度は低く、利用者も少ないかもしれませんが、時間をかけて少しずつ普及していきそうです。

 

PayPayの審査結果が出るのはいつ?期間はどれぐらいかかる?

2019年3月現在、PayPayの審査結果が出るまでの期間は1-2週間が目安です。

私は100億円あげちゃうキャンペーン第一弾の一番加盟店希望が増えた時期に申し込みをしたので1か月以上かかりましたが、現在は亀井希望者数が落ち着いて、時間がかかっても2週間程度です。

それだけ申し込みから時間がたってもPayPayの審査結果が届かないという場合は、何かが原因で審査に引っかかっているのかもしれません。一度PayPayに連絡をしてみることをおすすめします。

私の場合、申込時の業種と会社のホームページの内容が一致しないという理由で審査が止まっていました。しかも、このことは私からPayPayに電話しないとわからなかったことです。

 

PayPayの審査に落ちたり、審査に時間がかかる場合はどうすればよい?原因を突き止めて再審査は可能?

意気揚々とPayPayの審査に申し込んで審査に落ちてしまったらどうすればよいでしょうか?

実は、PayPayは一度審査に落ちてしまっても、再審査で通ることもあります。

電話をしてもPayPayは審査落ちの理由を教えてくれることはまれですが、傾向とから審査落ちの原因を予測して対策をたてることができます。

また、これからあなたがPayPayの審査に申し込む場合は、以下のことが理由で審査が難しくなってしまう可能性があります。参考にして、なるべくサクッと審査が通るように役立ててください。

 

PayPayの利用規約に反している商品を扱っている

自分のビジネスで該当するものがないか、PayPayの加盟店向けガイドラインを確認しましょう。

PayPay株式会社

PayPay株式会社のPayPay加盟店ガイドライン…

疑わしきは罰せずという言葉はPayPayの審査において通用しません。疑わしきは審査落ち直行です。もし、心当たりがあれば、再審査を申し込む際に、前回こういうところが自分ではひっかかったんじゃないかと思っているので、そういうことではないんですよ。。。としっかり説明しましょう

PayPayの申込内容と販売しているものが一致していない

申し込み内容とあなたのお店のホームページ内容が一致していないことが理由で、PayPayの審査に落ちてしまった可能性があります。

例えば、音楽教室と習字教室を両方営んでいて、ホームページには音楽教室しか掲載してない。けれども、こんかい習字教室でPayPayを利用したいので習字教室でもうしこみをし、ホームページは音楽教室のものを利用したという場合などです。

 

業種がアバウトすぎる

「サービス業」というようなジャンルを表す言葉は非常に便利であるものの、何のビジネスをしているのかわかりにくいです。

「サービス業」だけではPayPayの審査担当者も困惑してしまいます。

私の場合レアケースかもしれませんが「ホームページ作成業」でPayPayに申し込みをしたつもりが、申込時に「サービス業」と入力していたようで審査が難航しました。

PayPay申し込み時はなるべく具体的に記載するようにしてくださいね。

 

 

PayPayの導入は初期費用無料!2021年9月までは手数料無料!とりあえず申し込もう

今回はPayPayの審査を徹底攻略すべく記事を書いてきました。

とはいえ、実際にあなたがPayPayに申し込んでみないことには何も始まりません。

たとえ審査に通らなかったとしても再審査可能ですし、そもそも他のキャッシュレスシステムよりもPayPayは圧倒的に通りやすいです。

とりあえずPayPayに申し込みをして、いち早くあなたのお店にキャッシュレスを導入しましょう!